【ローレット】ローレットの山の形


ローレット駒

第2回はローレットの山の形について。

ギザギザな形状のローレット、特に平目でみんな勘違いするのが
「ギアとして使えるの?」という話。
よく言われますが、もちろん回答は 出来ません 。

ローレットというのは元々とてもアバウトなもので、ギザギザの
傷をつける事で滑り止めとして使うのが本当の用途です。
でも、形は同じなんだから使えるでしょ?と言いますが。
そもそもローレット加工自体が旋盤で回転しながら加工をするので
1周の山数が安定しないんです。


たとえばφ100の丸棒にピッチ0.8のローレットをする際に、1周で
何山あると思いますか?
計算では、直径×円周率÷ピッチ:100×3.14÷0.8=392.5山です。
この半端な0.5山となる部分が加工前の径や刃物の摩耗などで、
1山増えたり減ったりするのです。
(正確に山数を数える際は外径では無くピッチ円で計算します)

だからこそ、山数の合わないローレットはギアには使えないのです。

もちろん、山角度を鋭角にする事でローレット山は更に安定させる
事が出来るのですが、規格の上では山角度は全て90度で換算する為
イレギュラーな角度はなかなか設定しにくいのです。
極端な鋭角山は刃欠けを起こしたり、鈍角山は刃の底滑りを起こしたり
とそれはそれでトラブルが絶えません。

上記から、高精度な加工管理をすればギアとしての使用は出来るかも
しれませんが、結局は管理ばかり大変すぎて通常のギア加工よりも
コストが掛かるのが結論です。
ローレットは、あくまでギザギザ加工、なのですね。



余談ですが、計算上半端になる山はどうなるのか?中途半端なのか?
良く質問を受けますが、答えは一つです。
「中途半端な山が1山だけ成形される」のです。
遠くから見たら、そんなにわかりませんけどね。
これを無くしたいなら、ピッチを合わせるか円周を合わせるかです。

もし、そこまでこだわったなら「ローレットマスター」の称号を
与えられてもおかしくないですが(笑)

機械加工技術トップページ

ほかにも、、スゴイ加工動画

え?CNC旋盤でこんな加工が・・

コメントを残す