【ローレット】目がきたない

そりたけです。

ひさしぶりのローレット技術情報更新となってしまいました。
個人的なことですが、転職したため「覚えているうちに、きちんとした技術記録」をつけます。

前回までは、平目の曲がり、カッタの寿命を延ばすなど説明しました。

今回は、3番目に多い問合せの「ローレット目がきれいにならない」を記述します。

まず、一番多いのは目の歪みです。

電話で開口一番「ローレット目が汚い!助けてくれ!」というのが多いのですが、まずは「ローレット目は歪んだり、曲がったりしてますか?」と聞きます。



ローレットの歪みとは、平目で言えば目が波うっている様な感じ。
綾目で言えば菱形や四角が歪んでいる感じです。

この歪みについては、多くの原因は押しつけ過ぎの場合が多いです。

切削ローレットも転造ローレットも、加工開始時には材料に押し付けて加工を始めますが、その時に押し付けすぎると、力が逃げられなくなって目が歪みます。

ローレット

これは特にステンレスなどの硬い材料で起こりやすいので、気を付けて下さい。

「でも、押し付けなければ目が立たない」

と、よく言われます。

どうしても目を立たせたい。
でもこれ以上押し付けると目が歪む。

対策としては、加工開始(押し付け)時点で曲がっているならば、押し付ける幅を減らす方法があります。
これを加工開始幅と言いますが、幅は小さいほど瞬間に掛かる力は小さくなります。

ローレット

また、ステンレスのローレット加工で多いのは熱影響を受けやすい為に「コーティングカッタ」を使用している現場が多い様ですが、コーティングも目が歪みやすい原因となります。

確かにコーティングする事で耐熱性、耐摩耗性が上がるメリットはありますが、先端がどうしても丸くなってしまう為に加工時の抵抗は大きくなります。
抵抗が大きくなれば、それが原因で目が歪みます。
寿命を選ぶか、仕上りを選ぶか、お客様の状況によってコーティングの有無は判断しましょう。

機械加工技術トップページ

ほかにも、、スゴイ加工動画

え?CNC旋盤でこんな加工が・・

コメントを残す